ひざ痛が起こるのは、ひざに負担がかかることが主な原因です。 予防のためにも痛みを和らげるためにも、ひざに優しい靴を履くようにしましょう。 では、ひざ痛にいい靴とは、どういった靴なのでしょうか? ひざ痛にいい靴を選ぶポイントは、以下の通りです。 ・かかとが高すぎない ・軽い ・つま先に少しだけ余裕がある ・靴底に弾力がある かかとがあまりにも高い靴は、ひざ痛を悪化させることがあるので、気をつけてください。 それに、靴が重いとひざへの負担も大きくなるため、なるべく軽い靴を選ぶようにしましょう。 靴を履いた時に、つま先に少しだけ余裕があるサイズの方が、ひざへの負担が少ないです。 また、靴底に弾力がないとひざへの負担が大きいので、衝撃を吸収できる程度の弾力がある靴を選んでください。 これらの条件を満たす靴は、ひざにかかる負担を減らすことができるため、ひざ痛を予防・改善するのに最適です。 もし、自分では選ぶことができないという場合は、靴屋の店員さんに自分の足に合った靴を選んでもらうのもいいかもしれません。